ドイツの高級外車が人気

1-1

日本でも高級外車として人気と知名度が抜群に高いクルマと言えば、ポルシェ。
ポルシェは、1947年にドイツで生まれた自動車メーカーで、スポーツカーやレーシングカーなどを中心に開発・製造を行われています。
特に有名なのがポルシェの911シリーズで、初のフロントエンジンと水冷エンジンを搭載し、これまでにないクルマを生み出しました。
また、ポルシェはモータースポーツのあらゆるレースで数千回も優勝をしたという記録を持ち、他の自動車メーカーにはない確固たるプレミアブランドとしての地位を築いています。
こうしたことから、ヨーロッパ圏やアメリカ圏をはじめとする世界で求められるメーカーのクルマとなり、そのニーズは日本にも拡大しています。

日本でポルシェの認知と人気が高まったのは、1970年代のスーパーカーブームです。
スーパーカーは普通のクルマとは異なるカッコイイモデルと圧倒的な走行、そして販売価格が高価であることから多くの人の憧れでした。
当時の日本は成長期にありバブル景気に入る前でもあったこともあり、スーパーカーを持って自分のステータスにすることも今より難しいことではなかったのでしょう。
ただ、現在はそのブームも過ぎ長らく続いた景気低迷から、クルマ自体の需要も減ってきました。
そうした中でも、高級外車であるポルシェの人気は衰えることなく、新車ではなく中古車市場でその高い人気を誇っています。

中古車はその名の通り古くなったクルマのことであり、新車を購入してある程度使用した後に買取されたクルマです。
普通、中古車は年数が経過して型落ちをしてくるとどんどん査定価格が下がってくるところですが、ポルシェのようなニーズの高いクルマは査定でも高値がつけられます。
それは、中古車でもいいから憧れの高級外車が欲しいというニーズがあることや、年数が経過してもその性能と魅力は色褪せないというところにあるからでしょう。
また、他のメーカーと違って生産台数が少ないということも査定でプレミア価格がつく理由であり、売り手にも買い手にも注目されている市場として確立されています。

オススメリンク

愛車のポルシェを買取してもらうなら高級輸入車の知識が豊富な業者にお願いするなら:輸入車専門の買取業者ランキング【ポルシェ編】

3

ローン返済中でも利用可

クルマを所有している時には、事情があって手放さなければならない事情ができることもあります。ただ、ロー…Read more
2

価値とサービスのバランス

買い替えなどによってクルマを売る際は、出来る限り査定で高値をつけてほしいという希望を持つ人がほとんど…Read more
1

整備状態がいい

クルマ好きにとって、メンテナンスの為に整備を行うことは我が子を可愛がるような気持ちで丁寧に行われます…Read more

関連リンク